nakasusu(ナカスス) | 大分県中津市のウェブマガジン 中津市のススメ

Sponsored Link

青の洞門の目の前にあるログハウス!音楽喫茶「音猫」

Sponsored Link
青々とした山の美しい季節がやってきました!
山と言えば、耶馬渓ですよ。
本日は、本耶馬渓町のシンボルとも言える「青の洞門」の目の前にある音楽喫茶「音猫」をご紹介します。
Sponsored Link

アルプスにある山小屋のような建物!


音猫 外観
可愛いステンドグラスと赤いとんがり屋根が目印です。
耶馬渓に行かれたことのある方なら、道路沿いで1度は見たことがあるはず!
音猫 青の洞門
駐車場は広々してますが、前のレストハウス洞門でもOK。
音猫 ジジ 追加分
「魔女の宅急便」が好きな方には堪らないですね。
看板に書いている通り、夕方からは音楽教室もなさっています。
音猫 看板
手作りの看板もネコ...(*´▽`*)
ネコバス!ネコバスもいます!
音猫 入り口
入り口の右側にはテラス席が。
音猫 テラス
青の洞門を眺めながらのテラス席には、ツバメが子育てしてました( *´艸`)
nakasusu.otoneko07

いざ、店内へ


おお、レトロ!
音猫 店内
吹き抜けの天井に続く階段にも、ネコがたくさん!
2階は音楽教室です。
音猫 階段
部屋の片隅にさりげなく置かれたコントラバス。ジャズライブのフライヤー。
nakasusu.otoneko03
nakasusu.otoneko02
そう、ここはミニコンサートやミニライブの可能な音楽喫茶なのです。
こう見えて、30人も収容できちゃうんですよ。
真ん中にはどーんとグランドピアノが置かれています。
nakasusu.otoneko06
お客様が1曲奏でるのも可、気が向けば、マスターの生演奏が聞けるかも。
マスターは、こちら。気さくで優しいお人柄が、にじみ出てます(●´ω`●)
音猫 マスター
マスターとマスターの奥様は、元カワイ楽器の社員さん。
音楽が日常の中に溶け込んだお2人だからこその、このお店なのです。
ジャズやボサノバが好きな人には、堪らないはず。
今日も、お店の中に流れているのは小野リサのボサノバ。癒される...( *´艸`)

さて、メニューです!


nakasusu.otoneko01
音猫 メニュースイーツ
カレーが充実してます。辛いのが苦手な方は、お伝えいただければマイルドに調整してもらえますよ!
(辛いの苦手な筆者には、大変ありがたいサービスであります)
本日は何だかミネラルを補充したい気分だったので、カキカレーを注文いたしました。

さてさて、カレーがくるまで店内のご紹介を


まあ、一言で言うならば、猫ですよ、猫。
音猫 インテリア1
音猫 インテリア2
音猫 インテリア3
これでもかっていうくらいに、猫!(*’ω’*)ニャオーン!
猫好きにはタマリマセン!

カレーはすぐに出てきました!


音猫 カキカレー
カキフライがデッカイぞー(∩´∀`)∩ワーイ!
サラダと共に、いただきます!!
nakasusu.otoneko05
たくさんの香味野菜が溶け込んだカレーです( ´艸`)ウマウマ
カキフライもジューシーです。めっちゃ旨い。
あっという間に完食。ごちそうさまでした!

と、思ったら、マスターからデザートのプレゼント。
「イチゴが傷み始めてるから、食べて~」とのこと。
nakasusu.otoneko04
サイフォン式で抽出した香り高い珈琲と一緒にいただきます。
ああ、幸せ。
音猫 コーヒー
観光地にありながら、地元の常連のお客様が多い理由も分かる気がします。
何だかすごく落ち着くのです。マスターのお人柄でしょうか(*´▽`*)

仕事がオフの日、好きな本を1冊片手に訪れたい大人のカフェ。
そんな、音楽喫茶「音猫」をご紹介いたしました!

音楽喫茶「音猫」の情報


住所:大分県中津市本耶馬渓町曽木938-1
電話:0979-52-2366
営業時間:月曜:AM10:00~PM3:00まで
火曜:定休日
水曜:AM10:00~PM3:00まで
木曜・金曜・土曜・日曜:AM10:00~PM6:00まで
ランチ:11:00~
駐車場:20台以上
禁煙席:店内は禁煙
喫煙席:テラスは喫煙可
収容人数:店内16席、テラス16席、コンサートの場合は30人収容
座敷・個室:なし
クレジットカード:使用不可
Facebook:https://www.facebook.com/音楽教室珈琲-音猫-150806748631118/?fref=ts
ホームページ:http://otoneko.com/
Wi-Fi:可能です。マスターにお申し出ください。

書いた人

エイミー
nakasusuライター最年長、1児のママ
平日は保険事務所経営、週末は神社でゆるゆる神主

コメントを送る

*
*
* (公開されません)

Return Top